ITアウトソーシングのメリットとデメリット

最近増えるIT業務のアウトソーシング

昨今のIT業界においては、クラウドサービスが急激に普及しています。

従来はサーバやシステム、アプリケーションを自社で管理して運用を行うのがオーソドックスでありましたが、ここ最近ではこのようなものはクラウドサービスを利用してレンタルするケースが普通になってきました。

そして、このような資源を保有しないという考え方はシステムやアプリケーションだけではなく、社内の管理面においても行われるようになってきました。

例えば、社内のセキュリティ管理やお客様からの電話を受け付けるためのコールセンター部門など、従来ではこのような業務は自社の社員が実施していましたが、最近ではこのような業務そのものを外部にアウトソーシングする傾向も増えてきました。

アウトソーシングのメリットとデメリット

業務を外部にアウトソーシングするメリットとしてまずあげられるのがコスト面です。

セキュリティ管理やコールセンター業務など、そのために専用の人材を雇用し配置するよりもそのような業務を一手に受託しているような専門業者に委託したほうが経費を抑えることができるケースがあります。

また、このような部隊を社内で準備している場合、退職や急に増員が必要になった場合にすぐに人員を手配できず業務に支障をきたすことも考えられますが、アウトソーシングしていればそのような管理も考える必要がありません。

このようにITをアウトソーシングすることでのメリットはいろいろありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

業務を外部に委託する場合はその委託会社に社内の重要な情報を提供する必要性が発生するため、委託会社が自社の重要な情報を不正利用もしくは情報漏洩したりしないか管理監督を行う必要があるのです。

運用監視業務はサーバーの監視やネットワークの監視があります。どちらの監視業務でも主体は、機器が稼働しているかの「死活監視」、CPUやメモリ、ディスクやネットワークの監視の「リソース監視」です。