どうやったら見てもらえる?ホームページのデザイン

ホームページを見て欲しいターゲットを決める

インターネット全盛と言われる現代、企業・個人問わずホームページを持つ人がいます。折角、全世界に向かって公開できるホームページを作ったのだから色んな人にアクセスしてもらいたいですよね。

ホームページは、見て欲しいターゲットを決めて、そのターゲットの人たちに宛ててデザインする事でかなりアクセス数が変わります。

例えば洋菓子店が、若い女性にむけてアピールしたい場合は、若い女性ウケするデザインにすると良いのです。

写真をうまく使って見た目を良くする

昔と違って、ホームページを作る事も容易になりました。簡単なホームページ作成アプリでも、写真を入れる事ができます。

文字ばかりだと無機質で、どうしても読む気が起こりにくいものです。

そこで、ホームページのコンセプトに合った写真をうまく挿入する事で、ターゲットに見てもらいやすくなります。

写真のサイズや配置も工夫し、パッと見て、見やすいか?分かりやすいか?を考えて作っていくと見てもらえやすくなります。

万人ウケは狙わずターゲットを絞ったデザイン

デザインする時の注意点が、万人ウケは狙わないという事です。万人ウケを狙うあまり、無難な表現ばかりになって、伝えたい事を伝える事ができなくなります。

上記の例に、「洋菓子店が、若い女性にむけてアピールしたい場合」というものを挙げましたが、ここで万人ウケを狙って年配の男性にも配慮したデザインをしてしまうと、肝心の若い女性の心に響かなくなってしまいます。そうなっては本末転倒です。

それを防ぐためにも、見て欲しいターゲットを絞って、その人たちに発信するデザインを意識する事が大切です。

レスポンシブwebデザインでは、一つのソースコードでスマートフォンやタブレットにも対応できるwebサイトが作れます。