ユーザーが多く来るウェブにしよう!検索上位に載るウェブを作る方法

コンテンツを増やすべき

ウェブ制作をするときには、文章を書いたり画像を作ったりするコンテンツを充実させる作業と、文字の色や背景の色を決めるといったデザインの作業をする必要があります。コンテンツは多ければ多いほど検索でひっかかりやすいので、1つのページにはキーワードについてしっかり文を詰め込んでおくといいですよ。ただ、文字ばかりのウェブサイトだと、ユーザーがページを全て読むのを面倒だと感じてしまうリスクがあるので適度に画像を盛り込むことが大事です。また、画像が多すぎるとなかなか表示されないケースがあるので注意が必要です。コンテンツを増やすためには、1ページにたくさん情報を詰め込むよりも、書きたいことをカテゴリーごとに分けて何ページか作るとよいですよ。

SEO対策のキーワードを考える

せっかく頑張って何時間もかけて書いたのに、検索にのらないせいでユーザーに読んでもらえない事態は避けたいですよね。そのため、しっかりSEO対策のキーワードを考えて、検索上位にくるキーワードで文章を作るべきです。ひと月に検索する人が多いキーワードは需要が多いのですが、ライバルサイトが多いので検索上位になりにくいケースがあります。逆に検索数が少ないとライバル数が少なくて検索上位にきやすいですが、見に来てくれるユーザーも少なくなってしまいます。そのため、SEO対策のキーワードを考えるときには、ひと月に検索する人の数とライバルサイトの数のバランスを考えてキーワードを決めるといいです。

コーディングとは、仕様書や設計書に基づいて、記載されている機能や性能をコンピュータ上で実現するため、実際のプログラムを記述していく作業のことです。